Slider

包みを、とく。

私たち日本人は、“包む”という行為のなかに、
何を託してきたのでしょうか。

大切な人へものを贈るとき、
その包装にも心を尽くすのは、なぜでしょうか。

稲わらで卵を包んだ昔から、
現代のパッケージデザインに至るまで、
どのようにして、これほど多彩な
包みの様式が成り立ってきたのでしょうか。

TSUTSUMI in JAPAN は、
“包み”への包括的な研究をとおして、
この国が独自に織り成してきた文化を見つめ、
自然とくらしの共生、精神性と機能性の共存など、
さまざまな考察を試みていきます。

あるいは、人と人をむすんできた
大切な何かを、そこに見出せるかもしれません。

贈り物の包みをひらく時のように、
こころ躍らせながら、かつ、丁寧にじっくりと、
包みの文化を紐解いていきます。

Unravelling the Culture of TSUTSUMI

What mystery lies beneath the Japanese
fixation for wrapping things?

Why do we pour our heart into the
wrapping of gifts for those important to us?

From ancient times when eggs were wrapped in rice straw
to modern package designs,
how did we arrive at today’s plethora of wrapping styles?
Through comprehensive research into
this unique culture that has crystalized in Japan,

TSUTSUMI in JAPAN delves into the Japanese philosophies of
symbiosis between nature and man and
between the spiritual and the functional.

From this, we hope to reveal that important
ingredient that creates bonds between people.

Like the careful, emotionally laden opening of a package,
we plan to unravel the fascinating culture of wrapping…TSUTSUMI.